相続の遺言書とは

被相続人が作成することによって、財産の配分や財産の受取人の決定に有効な遺言書。しかし、遺言書が正しく管理・作成されていない場合無効となってしまうことも珍しくありません。

今回は、遺言書の種類から正しい遺言書の作成方法・遺言書の効力についてまで詳しくみていきましょう。

遺言書の種類と相続に有効な遺言書とは

相続に関して有効な遺言書を作成するためには、いくつかの条件をしっかりと守ることが重要です。この章では、遺言書の種類から、相続において有効な遺言書の条件・よくある向こうとなる遺言書のパターンまでを解説していきます。

遺言書の効力はどれくらい?無効にならないためのポイントとは

効力のある遺言書

効力の強い遺言書について詳しく知ろう

遺言書通りに相続を行うためには、効力の強い遺言書を作ることが大切です。遺言書の中でも、最も効力が強く徹底した管理下で保管されるのが公正証書遺言です。

公正証書遺言は、依頼を受けた際に公証人が作成する遺言書です。ここでは、公正証書遺言書とはどのようなものなのか・どのように作成され、どのように保管されるのか・また、公正証書遺言がなぜ効力が強いのか詳しくみていきましょう。

効力が強い!公正証書遺言のポイントと作成手順

遺言書が無効の場合:遺産分割協議書について知ろう

遺言書がない・または遺言書に効力がない場合、相続人の間で話し合い遺産分割協議書という書類を作ることが一般的です。遺産分割協議書を作ることで、相続人の間でのトラブルを防止し相続人の合意のもとで遺産を分割することができます。

この章では、遺産分割協議書とはどのようなもので、どのように作成するのか・遺産分割協議書のメリットまでを詳しくみていきましょう。

遺産相続協議書の役割と4つのメリットまとめ

遺産分割協議

遺言書がみつかった場合の検認手続きについて

ある日突然遺言書がみつかった!そんなときは、遺言書を絶対に開封してはいけません。

また、遺言書の効力を失わないためにも検認という手続きを行う必要があります。検認を受けないと罰則を受ける可能性があり、また検認を受けていない遺言書は効力がなくなってしまいます。

この章では、遺言書がみつかった場合の検認手続きについて・検認手続きを受ける具体的な流れについてみていきましょう。

遺言書がみつかった!検認手続きの流れとよくあるケース

遺言書と検認手続について