節税

【知っておきたい】相続税の特例とポイントを知ろう

平成27年の税制改正により相続税が大幅に改正されました。これまで相続税は、一定以上の資産を持った人だけにしか関係のないものでした。ところがこの改正により、多くの人にとっても相続税は他人事では済まなくなってしまったのです。

しかし一方で相続税にはさまざまな特例があり、実際に条件さえ合えば非常に多くの控除を受けることができます。

それにも関わらず、こういった特例や控除に関する知識がないばかりに、本来支払うべき相続税を超える多額の納税をしてしまうケースが多発しています。

そこで本日は、そういったケースを防ぐために相続税に使えるさまざまな特例について解説していきます。誰でも使える相続税に関する特例・一部の人しか使えない特例など一概に相続税の特例と言ってもいくつか種類があります。

特例の種類から注意点まで詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

【知っておきたい】相続税の圧縮と注意点

「相続税対策」という言葉があるように、相続税はある種の対策をたてることにより、将来の納税額を減らすことが十分に可能な税金です。いわゆる相続税の圧縮を行うことで、相続税の節税につなげることができます。

しかしながら相続税の圧縮は、法人税対策などと比べると効果を発揮するまでの期間が長いことが多く、準備にも数倍の手間がかかります。

今回は、相続税の圧縮として有効な7つの方法について詳しくご紹介したいと思います。

続きを読む

                   souzoku-station

【徹底解説】医療法人の相続税対策と出資持分の関係

医療法人の相続税対策は、単に一法人の税負担を減らすというだけにはとどまらず、地域医療や地域の安全を守ることにも繋がっています。

そもそも医療法人は、一般的な事業を行っている法人とは異なり、利益額は多いもののその利益処分としての配当金の支払いを許されていません。

一方、医療機器は全般的に大変高額なため、多額の内部留保は現金預金ではなくそれらの設備投資へ姿を変えることも少なくありません。

つまり、医療法人の相続税法上の評価額は高止まり傾向にあるものの、現金預金は利益額ほど積みあがっているわけではないのです。

田舎などの過疎地であっても医療法人のこうした体質は同じであるため、相続税対策を誤ると億単位の高額な税負担が発生し、数少ない医療施設に経営上の深刻なダメージを与えることになりかねません。

そこで本日は、医療法人の相続税対策と出資持分の関係について解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

生前贈与した資金で住宅を建てる際に知っておくこと

子や孫が住宅を建てるための資金を生前贈与すると、将来の相続財産が減るため相続税の節税をすることが出来ます。また贈与された子や孫は、住宅ローンを組まずに念願のマイホームを手にすることが出来ます。

このように生前贈与した資金で住宅を建てる場合、贈与する側もされる側も、どちらにとっても良いこと尽くめになるわけですが、一方では制約や気を付ける点も多く、やり方を間違えると最悪の場合、高額の贈与税を支払うことになってしまうので注意が必要です。

そこで今回は、生前贈与した資金で住宅を建てる際に知っておきたいポイントや注意点などについて解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

2割加算の対象?孫を養子にする前に知っておくべき相続税対策

財産を孫が相続することがあります。例えば遺言書を書いて孫に財産を分ける場合や、親よりも子が先に亡くなった場合、相続税対策の一環として法定相続人を増やすために孫を養子にする場合などもあります。

孫が相続すること自体はさほど珍しい事ではありません。しかし、「孫が財産を相続する」という条件は同じにも関わらず、場合によっては相続税額が増えてしまうことはあまり知られていません。

そこで今日は、孫が相続をする場合においてのケース別の違いを見ていきながら、それぞれのメリットや問題点について確認していきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

平成30年度より改正!新しい家なき子特例について詳しく解説

平成30年度の税制改正により、いわゆる“家なき子特例”や“貸付事業用宅地”に係る小規模宅地等の特例の要件が非常に厳しいものになりました。

小規模宅地等の特例は、その土地の利用区分や特例を受けられる面積の限度、減額される割合等の適用要件が非常に複雑なこともあり、これまでにも数度の改正が行われてきました。平成30年の税制改正では、中でも適用要件に関する改正が行われることになりました。

今回の改正の目玉として取り上げられたのが、いわゆる“家なき子特例”の適用基準の改正です。”家なき子特例”の一体何が問題で、具体的にはどのように変わったのでしょうか?

今日は “家なき子特例”の改正について詳しく解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

【意外と知らない】お墓の購入は相続税の節税効果につながるの?

平成25年の相続税の改正により、平成27年1月1日から相続税のかかる対象が大きく変わりました。

これまでは【5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)】であった基礎控除が【3,000万円+(600万円×法定相続人の数)】に引き下げられたことにより、今まで相続税に関係のなかった多くの人たちにとっても、相続税対策は他人事ではなくなる時代がやって来ました。

相続税の節税対策というと、生前贈与や養子縁組などさまざまなものがあります。なかでも、最も簡単に取り入れられる方法がお墓の購入による節税対策です。

そこで今回は、相続税対策として有効なお墓にについて詳しくご紹介したいと思います。さっそくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

【重要】相続によくあるトラブルと回避のための生前対策まとめ

遺産相続は、トラブルを回避し相続税をできるだけ節税するためにも生前対策が重要です。また、財産を残したい相続人へ財産が相続できるようにし、同時に相続人同士の間でトラブルにならないように生前に予め想定できるトラブルを回避することもポイントです。

せっかく残した相続財産が相続人間のトラブルの火種を作り、「相続」がきっかけで「争族」となってしまっては、何のために財産を残したのか分からなくなってしまいます。

そこで今回は、相続に関してよくある代表的なトラブルの例と、トラブルを回避するために生前に行うべき相続対策についてお話ししていきたいと思います。

まずは相続についてよくあるトラブルからみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

養子縁組と相続

養子縁組を行うことで、相続税対策になる場合があることをご存知ですか?

相続対策の一貫として養子縁組を行うことで、かなりの額の節税につながる場合もあります。

しかし一方で、注意点や節税対策としての養子縁組の方法を理解していないと、節税になるどころか家族間トラブルに発展してしまうことも。

今回は、相続税の節税に効果のある養子縁組の基礎知識からよくある相続との関係・よくあるトラブルについて詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

【知って得する!】平成30年に改正された事業承継税制について徹底解説

事業を次世代に継承する場合、誰に継承させるか・継承しないほかの子供にはどれだけ株式を相続するかなどさまざまな課題が生じます。

また、会社の株式に対しても相続税が発生するので、株や事業を継承してもキャッシュが不足していると相続税の支払いに困ってしまうケースが少なくありません。そんな事業継承にまつわる課題を、今後払拭してくれるのが「事業承継税制」です。

今回は、平成30年に改正された節税の観点でメリットの多い事業承継税制について徹底解説していきます!相続税を大幅に減免できる事業承継税制について、詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station