生命保険

知っておきたい!損害保険の相続方法と相続税の考え方

生命保険は損害保険と比べると契約期間が長く、保険料や保険金が高額な商品も多くあります。また生命保険は相続時の節税などに利用できる場合も多いため、保険の相続といえば生命保険をイメージされる方も多いのではないでしょうか?

確かに損害保険は生命保険と比べると相続の際に見落とされがちですが、相続が発生した場合には生命保険だけでなく損害保険も相続財産として計上する必要があるかどうかを必ず確認しなければなりません。

事実、相続後の税務調査において、損害保険の計上漏れを指摘され、過少申告加算税や延滞税を支払っている人は少なくありません。

今回は、相続時に見落とされやすい損害保険の相続方法と相続税の考え方について解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

保険を生前贈与する方法と注意点まとめ

被相続人が亡くなったことによって相続人が受け取った生命保険金には、一定金額(5百万円×法定相続人の数)まで相続税がかからないという、「生命保険金等の非課税制度」についてはよく知られています。

しかし、生命保険を活用した相続対策にはほかにも様々なものがあり、今回はその一つである生命保険を生前贈与の手段として活用する方法について解説します。

続きを読む

                   souzoku-station

相続税はかかるの?入院給付金を相続した場合の対処法

生命保険の加入者が保険会社から支払われるものには、「生命保険金」と「入院給付金」の2種類があります。

実は相続の場合、この「生命保険金」と「入院給付金」では扱いが異なることをご存知でしょうか?相続税を節税するためには、特に入院給付金の受取人を誰にするのかしっかりと考えておくことが大切です。

今回は、入院給付金の相続税の上での取扱と、生命保険との扱いの違いについて詳しくみていきます。

まずは入院給付金について詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

相続税の節税とは

相続税は、相続財産が多いほど多く発生します。将来発生する相続税を未然に減らす準備として、生前贈与や養子縁組が行われることがあります。

また、他にも相続税の節税対策として生命保険や不動産を利用する方法もあります。相続税の節税方法について詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

生命保険を利用して相続税を徹底的に節税する方法

生命保険を利用して相続税を節税することができます。生命保険は、健康な人が生きているうちに自分の身に対してかけ、亡くなったらそれを受取人がまとまった額を受け取るというものです。

ではそんな生命保険がなぜ節税になるのでしょうか。どのような仕組みなのか、みていきます。

続きを読む

                   souzoku-station