条件

【知っておきたい】相続税の特例とポイントを知ろう

平成27年の税制改正により相続税が大幅に改正されました。これまで相続税は、一定以上の資産を持った人だけにしか関係のないものでした。ところがこの改正により、多くの人にとっても相続税は他人事では済まなくなってしまったのです。

しかし一方で相続税にはさまざまな特例があり、実際に条件さえ合えば非常に多くの控除を受けることができます。

それにも関わらず、こういった特例や控除に関する知識がないばかりに、本来支払うべき相続税を超える多額の納税をしてしまうケースが多発しています。

そこで本日は、そういったケースを防ぐために相続税に使えるさまざまな特例について解説していきます。誰でも使える相続税に関する特例・一部の人しか使えない特例など一概に相続税の特例と言ってもいくつか種類があります。

特例の種類から注意点まで詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

【知って得する!】平成30年に改正された事業承継税制について徹底解説

事業を次世代に継承する場合、誰に継承させるか・継承しないほかの子供にはどれだけ株式を相続するかなどさまざまな課題が生じます。

また、会社の株式に対しても相続税が発生するので、株や事業を継承してもキャッシュが不足していると相続税の支払いに困ってしまうケースが少なくありません。そんな事業継承にまつわる課題を、今後払拭してくれるのが「事業承継税制」です。

今回は、平成30年に改正された節税の観点でメリットの多い事業承継税制について徹底解説していきます!相続税を大幅に減免できる事業承継税制について、詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

効力が強い!公正証書遺言のポイントと作成手順

遺言書とは自分の死後、財産の処分の方法をはじめ、遺言書の指示を誰に実行してほしいか、誰に未成年の子どもの世話をしてほしいかなど様々な事柄を自分が生きている間に記した法的に効力のある書類のことをいいます。

遺言書にはさまざまな方式がありますが、遺言書に効力を持たせるためには規定通りに文章を作成する必要があり、方式に反するとたとえ苦労して作った遺言書でも無効になってしまいます。

この記事では、数多くある遺言書の中でも効力が強いとされる「公正証書遺言」について、その特徴や作成方法、そして注意点などについて見ていきたいと思います。詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

相続税還付とは

相続税を払いすぎた場合、申請を行うことで相続税還付を受けることができます。ただし、相続税還付を受けるためには、決められた期間内に正しく申請手続きを行う必要があります。

相続税還付を受けるための条件やよくあるケース・相続税還付を申請するために知っておきたいことについて詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station