必要書類

自動車を相続!知っておきたい手続き5つのステップ

最近は高齢になると自動車の運転免許証を返納する人が増えていますので、そのタイミングで自動車を処分してしまう人も多いかもしれません。

しかし、亡くなられた方の相続財産の中に自動車が含まれるケースは実際によくあります。

相続財産の中に自動車が含まれていて、相続財産の合計価額が基礎控除を超えて相続税がかかってしまう場合は相続税の申告・納付がもちろん必要になります。今回は自動車を被相続人から相続する時に必要な手続きについて詳しく解説します。

続きを読む

                   souzoku-station

相続税を延納!担保にできるものと条件について

相続税の申告と納付は、被相続人が亡くなった日の翌日から10か月以内と定められています。納付については現金一括払いが原則ですが、例外として延納も認められています。

例えば相続する財産に納税資金として利用できる現金が少額しかなく、土地がほとんどであることがあります。このよう場合には、相続税は支払わなければならないものの期限内に現金を用意することができない場合があります。

なぜなら土地は有価証券などと比べて流動性が低いため現金化するのに時間が必要で、場合によっては「ばく大な財産は相続したものの、相続税が払えない」ことが起こりうるからです。

このため相続税には、納付期限を伸ばすことができる「延納制度」が設けられています。ただし延納制度を利用するためには、担保を提供する必要があります。担保として認められるものは決められており、さらには担保を途中で交換したり、解除したりすることも認められています。

ここでは相続税を延納するための担保について解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

遺産分割調停って?期間や流れを解説

家族が亡くなり相続が発生すると、相続財産の分け方について話し合う遺産分割協議を行います。ここで全てが決まればあとは事務的な手続きを行うだけで済みますが、そうならない場合もあります。

どの財産を誰が受け取るかを巡り、話し合いでは解決できなくなった場合には、遺産分割調停を行います。

遺産分割調停は、相続人同士ではなく専門家に間に入ってもらうことによって、相続をめぐる争い事を解消してもらうのが狙いです。

今回は、遺産分割協議で解決できない場合に行なう遺産分割調停について解説していきます。
続きを読む

                   souzoku-station

相続に必要な除籍謄本って?必要な理由と取り寄せ方法

除籍標本と相続

様々な相続手続きを行う際、必ず提出を求められる書類として被相続人の戸籍謄本があります。

しかし、同じ戸籍に関する書類でも除籍謄本といわれるものがあったり、改製原戸籍といわれるものがあったりして、一体何を揃えれば良いのか迷われる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、それらの書類の違いやなぜ相続に除籍謄本が必要なのか、またどのように取り寄せれば良いのかについて詳しく解説していきます。
続きを読む

                   souzoku-station

相続時精算課税制度を利用すると良いケースと手続きの流れ

名前からしてちょっと難しそうな「相続時精算課税制度」ですが、「2,500万円まで贈与しても贈与税がかからない」と言われると、「そんな制度なら絶対利用した方が良い」とつい思ってしまいそうです。

しかし、当然ながら制度にはプラスの面ばかりでなくマイナスの面もあり、その両面を正しく理解した上で適用するかしないかを考えなければなりません。

そこで今回は、相続時精算課税制度のメリット・デメリットや制度を利用すると比較的良いケース、利用する際に必要な手続きについて詳しく解説していきます。
続きを読む

                   souzoku-station

相続登記の流れと必要書類まとめ

相続により不動産を取得すると法務局で相続登記を行い、名義を新しい所有者に変更します。一方で相続登記には期限などの定めがないため、いまだに旧所有者の名義のままで放置されている不動産も決して少なくはありません。

「特に問題がないのなら登記を急ぐ必要はないのではないか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、相続登記をしないままでいると、将来相続人同士で争いが起こってしまう可能性があるのです。

それ以外にも第三者に対して不動産の所有者であることを証明する事はできませんし、いざという時にすぐに売る事もできません。

相続で不動産を取得した場合には、できるだけすみやかに登記を行う必要があります。

今回は相続登記をしなかった場合の失敗例・相続登記の流れについて詳しく解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

「相続税についてのお尋ね」って? その書き方とポイント

被相続人が亡くなり、四十九日の法要も終わってようやく落ち着いてきた頃に、税務署から今まで見たこともないような書面が封書で送られてきたら・・・。

その表題は「相続税についてのお尋ね」もしくは「相続税の申告等についてのご案内」。

普段、税務署とあまり縁のない方ならちょっとビックリしますよね。

平成27年から相続税法が改正されて、相続税が課税される方の割合(課税割合)は8%に倍増していますが、それによってこの種の通知が送られてくる方もかなり増えたと言われています。

そこで今回は、そもそもこの「相続税についてのお尋ね」や「ご案内」とは一体何なのか、そしてもし送られてきたらどのように対処すれば良いのかについて解説します。

続きを読む

                   souzoku-station

【生前贈与のために】贈与契約書の書き方とポイント&注意点

平成27年から相続税法が改正・施行になり、相続税の課税対象者が大幅に拡がったこともあって、昨今、相続対策としての生前贈与に非常に関心が集まっています。

そこで今回は、贈与を行う際に作成する「贈与契約書」の書き方をポイント・注意点と合わせて解説します。

続きを読む

                   souzoku-station

遺言書がみつかった!検認手続きの流れとよくあるケース

相続が起きた時、亡くなった方が遺言書を残している場合があります。遺言書をみつけたら、つい開封して中身を見てみたいと思われるかもしれませんが、遺言書を発見した人はまず「検認」という手続をとる必要があります。

遺言書の検認にはどのような意味があり、具体的にはどのような手続きをとるのでしょうか?

また、検認をせずに遺言書を開封するとどのような問題が起こるのか、どういった罰則があるのかも知っておくと良いでしょう。

今回は遺言書をみつけたときに確認したい検認手続の方法と、遺言書でよくあるトラブルについてご紹介します。

続きを読む

                   souzoku-station

効力が強い!公正証書遺言のポイントと作成手順

遺言書とは自分の死後、財産の処分の方法をはじめ、遺言書の指示を誰に実行してほしいか、誰に未成年の子どもの世話をしてほしいかなど様々な事柄を自分が生きている間に記した法的に効力のある書類のことをいいます。

遺言書にはさまざまな方式がありますが、遺言書に効力を持たせるためには規定通りに文章を作成する必要があり、方式に反するとたとえ苦労して作った遺言書でも無効になってしまいます。

この記事では、数多くある遺言書の中でも効力が強いとされる「公正証書遺言」について、その特徴や作成方法、そして注意点などについて見ていきたいと思います。詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station