公正遺言証書

相続法が改正!自筆証書遺言書の変更点を知ろう

自筆で書く遺言書は誰でも手軽に書くことができる反面、書いたものが法的効力を発揮するための正しい書き方や、その管理方法には大変難しいものがあります。

書き方が難しいことは言うまでもありませんが、遺言書の存在を伝えておかなければ自分が亡くなった後で遺言を伝えることができない反面、内容が事前に漏れてしまうと場合によっては破棄もしくは改ざんされる可能性があるからです。

このように自筆証書遺言書は、手軽に作成できそうで実はハードルが高いため、これまではそれほど多くの人に利用されていませんでした。

またそのため、相続をめぐる相続人同士の争いは決して少なくありませんでした。

このような現状をかんがみ、遺言を積極的に利用してもらい相続に関する争いを防止することを目的として、2019年1月13日に自筆証書遺言書の作成方式が大幅に緩和されました。

今回は、自筆証書遺言書の作成方法の緩和により、何がどのように変わったのかを詳しく解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

相続は誰に?後妻がいる場合の子と妻の相続事情

「誰が相続人になるのか」ということ(相続関係)はただでさえ複雑で分かり難いものです。

中でも実際に間違われることも多く最近よくあるケースは「被相続人が生前に離婚をして再婚していた場合」、つまり、被相続人に先妻と後妻がいる場合です。

今回は、被相続人に後妻がいる場合の子どもと妻の相続権や相続配分がどうなるのかについて詳しく解説します。

続きを読む

                   souzoku-station

相続の遺言書とは

被相続人が作成することによって、財産の配分や財産の受取人の決定に有効な遺言書。しかし、遺言書が正しく管理・作成されていない場合無効となってしまうことも珍しくありません。

今回は、遺言書の種類から正しい遺言書の作成方法・遺言書の効力についてまで詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

効力が強い!公正証書遺言のポイントと作成手順

遺言書とは自分の死後、財産の処分の方法をはじめ、遺言書の指示を誰に実行してほしいか、誰に未成年の子どもの世話をしてほしいかなど様々な事柄を自分が生きている間に記した法的に効力のある書類のことをいいます。

遺言書にはさまざまな方式がありますが、遺言書に効力を持たせるためには規定通りに文章を作成する必要があり、方式に反するとたとえ苦労して作った遺言書でも無効になってしまいます。

この記事では、数多くある遺言書の中でも効力が強いとされる「公正証書遺言」について、その特徴や作成方法、そして注意点などについて見ていきたいと思います。詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

遺言書の効力ってどれくらい?無効にならないためのポイントとは

相続になる前に、生前に遺言書を遺したいと考えた時、無効にならないか心配なことだろうと思います。では無効にならない有効な遺言書とはどのようなものなのでしょうか。

遺言にはいくつかのルールがあります。そして、無効になりがちなパターンもありますので、それを知っておくことでミスを防ぐことができます。
続きを読む

                   souzoku-station