事例

【土地持ちは要注意】相続破産を避けるための対策

相続というと、被相続人の財産を相続人が取得することで、相続人の財産は増えるだろうと思われがちです。

しかし、相続した財産が一定以上の額の場合には相続税が課税されます。実際にはその相続税が支払えずに、あるいは相続発生からしばらくして破産をしてしまうケースがあります。これらのケースは「相続破産」と呼ばれます。

今回は、この相続破産が何故起こるのか、またそれを極力避けるためにはどうしておくのが良いのかについて詳しくみていきましょう。
続きを読む

                   souzoku-station

相続登記の流れと必要書類まとめ

相続により不動産を取得すると法務局で相続登記を行い、名義を新しい所有者に変更します。一方で相続登記には期限などの定めがないため、いまだに旧所有者の名義のままで放置されている不動産も決して少なくはありません。

「特に問題がないのなら登記を急ぐ必要はないのではないか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、相続登記をしないままでいると、将来相続人同士で争いが起こってしまう可能性があるのです。

それ以外にも第三者に対して不動産の所有者であることを証明する事はできませんし、いざという時にすぐに売る事もできません。

相続で不動産を取得した場合には、できるだけすみやかに登記を行う必要があります。

今回は相続登記をしなかった場合の失敗例・相続登記の流れについて詳しく解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

新しい相続対策!家族信託について知ろう

特に50代を過ぎると、徐々に老後の資産管理が気になり始めるのではないでしょうか。また、資産を将来に備えて管理したいと思っても、高齢になるに従って体力や判断力が下がってきたり認知症になるリスクも発生します。

資産を適切に管理できるか、自分が希望する介護や医療、そして遺産相続ができるかなど、さまざまな問題が発生します。そんなときに有効活用できるのが、家族信託です。家族信託は、信頼できる家族に財産の管理を任せることのできるシステムです。

今回は、財産を管理する方法としてぜひ知っていただきたい家族信託について詳しくご紹介します。

さっそくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

生前贈与とは

生前贈与とは、被相続人(財産を渡す側)が相続人(財産を継承する側)に生前に財産を渡すことを言います。

財産を譲りたい人に財産を継承できる生前贈与は、上手に利用することで相続税の節税にも非常に効果的です。上手に活用するとメリットの多い生前贈与について、特に相続税の観点から詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

相続税をテコに高収益優良地所を殖やした成功事例

将来発生する相続税を予想し、生前に相続対策をしておくことで相続税をテコに収益アップに利用することができます。具体的には以下のような方法が考えられます。

財産診断して、①不動産管理会社を設立し、所得税を半分節税 ②跡取りが次の相続まで、相続納税貯蓄

③不採算地所を高収益優良地所に買換えて地所と収益アップ・相続減税 ④節税遺言や三代30年先まで跡とり信託をする

その後相続時には、相続税を楽々キャッシュで納税して行けば、高収益地所を子々孫々に至るまで守り続けられ家の永続的な繁栄ができます。

今回は、このような方法で相続税をテコに成功した具体的な事例をみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

相次相続控除って?10年以内に2回相続が発生したら要チェック

相続税における控除の中でも、今回ご紹介したいのが相似相続控除です。相続が10年以内に2回以上発生している場合には、この相似相続控除を受けることができる可能性があります。

一体どのような控除で、どのくらいの額が還ってくるのでしょうか。相似相続控除について詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station