相続税還付とは

相続税を払いすぎた場合など、申請を行うと相続税還付を受けることができます。ただし、相続税還付を受けるためには、決められた期間内に正しく申請手続きを行わなければなりません。

ここでは、相続税還付を受けるための条件から、スムーズに相続税還付を受けるための申請ポイントまでを詳しくみていきましょう。

相続税還付を受けられるよくあるケース

相続税の還付は、申請して始めて過払い分が戻ってきます。相続税還付について知らないと、払いすぎていてもそのままになってしまうので注意しましょう。

ここでは、相続税還付を受けられるよくある3つのケースについてご紹介します。すでに相続税を申告した人も、これから相続税を申告する人も必読ですよ。

相続税は還付される!?払いすぎた相続税は戻ってきます

相続税還付の手続き

相続税還付の手続きと期限について

相続税を払いすぎていた場合でも、期限内に正しく手続きを行わないと還付を受けることができません。また、相続税還付の申請をしてすぐに過払い分が戻ってくるわけではありません。

ここでは、相続税還付を受けるために必要な条件・期限について詳しくみていきましょう。

平均1,200万円!相続税還付の手続き期限と条件とは

相続税還付に必要な条件

相続税還付の手続き方法とよくある事例

相続税は相続発生から10ヶ月以内と短期間に申請しなければなりません。

よって、相続税の過払い分が発生している場合も少なくないので、過払いに気づいた際はしっかり手続きを行い返還してもらいましょう。

この章では、よくある相続税の過払いが発生するケースと、具体的な相続税還付の手続き方法についてみていきましょう。

完全解説!相続税還付のよくある事例と手続き方法

相続税過払いの返還手続き

2回以上相続が発生した場合に受けられる相続税還付

相続が10年間に2回以上発生した場合、課せられた相続税の一部を還付してもらえる可能性があり、これを相次相続控除と言います。

特に一次相続と二次相続で別の税理士が担当している場合、相次相続控除に気づかない場合があるので注意しましょう。ここでは、相次相続控除を受けることのできる条件から、具体的な相次相続控除分の計算方法までを解説します。

相次相続控除って?10年以内に2回相続が発生したら要チェック

相続税還付を受ける条件