相続税還付とは

相続税を払いすぎた場合、申請を行うことで相続税還付を受けることができます。ただし、相続税還付を受けるためには、決められた期間内に正しく申請手続きを行う必要があります。

相続税還付を受けるための条件やよくあるケース・相続税還付を申請するために知っておきたいことについて詳しくみていきましょう。

目次

相続税還付とは

相続税還付が受けられるよくあるケースと事例

2回以上相続が発生した場合に受けられる相続税還付

相続税還付とは

相続税還付とは、払いすぎた相続税について申請手続きを行うことで、国から相続税を戻してもらうえる制度です。

例えば相続手続きを税理士ではなくご自身で行った場合、相続税の計算を間違えていて相続税を多く支払っている場合があります。また、土地などの不動産の場合、評価額を計算して相続税を算出します。

相続税にあまり詳しくない税理士が担当していることなどによって、実際よりも高く土地を評価していると、相続税を必要以上に支払っている可能性があります。

このように、相続税を多く支払い過ぎている場合に、税務署に申請手続きを行うことで相続税還付を受けることができます。
相続税還付の手続き

相続税還付が受けられるよくあるケースと事例

相続税還付は、土地を相続した場合や相続税に詳しくない税理士が担当した場合に受けられることがよくあります。

特に土地の評価額を決めるのは難しいため、相続に不慣れな税理士の場合正確な評価額が出せないことも珍しくありません。

相続還付を受けられるよくあるパターンや、相続還付の具体的な事例・手続き方法について詳しくみていきましょう。

完全解説!相続税還付のよくある事例と手続き方法
相続税は還付される!?払いすぎた相続税は戻ってきます

相続税過払いの返還手続き

2回以上相続が発生した場合に受けられる相続税還付

10年間に2回以上の相続が発生した場合、1回目に支払った相続税の一部を2回目の相続時点で控除してもらえる可能性があります。

申請を行うことで相続税を控除してもらえるこの制度を「相次相続控除」といいます。相次相続控除は、申請をすることで初めて受けることができます。

ここでは、相次相続控除の条件や相次相続控除の計算方法・よくある事例について詳しくみていきましょう。

相次相続控除って?10年以内に2回相続が発生したら要チェック

相続税還付を受ける条件