相続税をテコに高収益優良地所を殖やした成功事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
                   souzoku-station

将来発生する相続税を予想し、生前に相続対策をしておくことで相続税をテコに収益アップに利用することができます。具体的には以下のような方法が考えられます。

財産診断して、①不動産管理会社を設立し、所得税を半分節税 ②跡取りが次の相続まで、相続納税貯蓄

③不採算地所を高収益優良地所に買換えて地所と収益アップ・相続減税 ④節税遺言や三代30年先まで跡とり信託をする

その後相続時には、相続税を楽々キャッシュで納税して行けば、高収益地所を子々孫々に至るまで守り続けられ家の永続的な繁栄ができます。

今回は、このような方法で相続税をテコに成功した具体的な事例をみていきましょう。

40年間 資産家の財産形成のコンサルティングしてきた実績と成功事例

相続成功事例1 川崎の地主さん

川崎の地主さんは、財産分析した結果総資産は3億円、未来相続税は3,000万円でした。

次に、未来相続税をテコにして空家の多いアパートを高収益優良地所に買換えて、優良地所が一棟2億円、年間の収入は、2,000万円アップ、未来相続税は3,000万円を相続税300万円に減税してキャッシュ納税しました。

相続成功事例2 茅ヶ崎の経営者さん

茅ヶ崎の経営者さんは、家業と5棟アパート経営をしていました。

家業の収入が減り相続破綻懸念先でした。そこで、ハウスメーカーから家業の跡地にアパートの提案がありました。アパート経営は得策でないと考え、高収益の駅近の中古マンションを4億円で購入することにしました。それから2年後に相続になり未来相続税は1億円が4、000万円で済み楽々キャッシュで相続税を納税しました。今は悠々自適です。

相続成功事例3 杉並の大家さん

杉並の大家さんは、銀行で遺言信託をしていました。

相続になって、遺言書を拝見させて頂きましたが、節税を考慮して作成されていなかったために遺言書どおりですと1,000万円高い相続税がかかるので、被相続人には申し訳なかったのですが遺言書を破棄して、遺産分割協議書に切り替えて申告しました。

相続成功事例4 藤沢の農家さん

藤沢の農家さんは、長男が放蕩息子なので、跡とり信託を作成しました。

お爺さんは90歳、長男が60歳、二男が58歳、二男の孫娘が30歳です。跡とりは二男に、三代目は二男の孫娘に継がせることで跡とり信託を作成しました。未来相続税は2億円で優良地所2棟等を購入した結果5,000万円をキャッシュで納税しました。これで放蕩息子も跡取りに協力して、家を永続的な発展に協力するようになりました。

相続成功事例5 江戸川の地主さん

江戸川の地主さんは、相続の仕方を工夫しました。

財産を家産と営業資産に分けて、家産は子供三人に分けることにしました。営業資産は分けずにいずれは会社所有にして兄弟仲良く家が繁栄するように盛り立てて行くことにしました。会社からは、毎月安定収入が支給されます。

相続成功事例6 世田谷の資産家さん

世田谷の資産家さんは、会社管理最適方式で所得税等を毎年2,000万円かかるところを1,000万円節税して相続納税貯蓄しました。20年経って相続になり相続税2億円を地所も売らずに楽々キャッシュで納めることができました。

まとめ

いかがでしたか?今回は、相続の成功事例について詳しくみていきました。

40年の実績を誇る相続税のプロによる不動産資産の活用で「三代の相続で財産は無くなる」という諺を覆すことは可能」です。

相続を成功させるご相談を相続専門の税理士にしてみませんか?あなたに最適の相続対策をご一緒に考えていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
○○○

SNSでもご購読できます。