相続の基本とは

相続が発生した場合、遺産の把握や分け方・相続税の申告などさまざまなことを行わなければなりません。

また、未然に相続について対策をしておかないと相続税が高くなったり、期限内に相続税を納付できずさらに課税されてしまう可能性があります。

今回は、相続の基本から知っておきたいポイント・注意事項までをしっかりとみていきましょう。

相続とは

両親や親族・親しかった人が亡くなった場合に生じる相続財産。相続とは、次世代に財産を継承することを言います。

相続財産というと、お金や不動産といった財産をイメージするかと思います。しかし、必ずしもプラスの財産だけでなくマイナスの財産も引き継ぐことになる可能性があるので、注意が必要です。

相続が相続人の間で上手くいかないと、トラブルになる恐れがあります。相続におけるトラブルを防ぐためにも、相続人がだれであるか・相続財産には何があるのかを知り、スムーズに相続ができることが大切です。

今回は、相続の基本として相続財産の種類から相続税の基本・相続においてよくあるトラブルまでをしっかりとみていきましょう。

相続の基本

相続に関する基本を確認しよう

まず最初に、続と相続税についての基本事項を確認していきましょう。

相続財産の種類

被相続人が亡くなった際に、発生する相続財産。具体的にはどのような物があるのでしょうか?相続財産は、大きく分けてプラスの財産とマイナスの財産・みなし財産の3つに分類されます。

また、相続が発生した場合、決められた期限内に相続税を納める必要があり、相続に対して税金も発生します。相続財産の種類と、相続で発生する税金について詳しくみていきましょう。

相続財産の種類って?税金の種類まで徹底解説!

相続財産が発生したとき、相続人の間で遺産を分割します。遺産の分け方は、遺言書がある場合・ない場合、財産として残っている遺産の種類によっても異なります。具体的に、どのように遺産を分割すれば良いのでしょうか?

この章では、遺産を分割するメリットから、遺産分割の詳しい方法までを確認していきましょう。

遺産分割の3つの方法とメリット・デメリットを知ろう

相続に関して依頼する士業の選び方

相続に関してや相続税に関してわからないことがあったとき、弁護士・税理士・会計士・行政書士といった士業の中で、どの士業に相談すれば良いのでしょうか?また、相続トラブルを回避したい場合や、相続が発生する前に節税対策をしたい場合はどうでしょう?

この章では、相続に関してケース別に相談するべき士業についてみていきましょう。

相続の相談は弁護士?税理士?司法書士?ケース別依頼する士業の選び方

相続と士業

相続税の申告・節税方法について知ろう

続いては、相続税に関してみていきましょう。相続が発生すると、財産が大きい場合相続税を支払う必要があります。また、相続が発生する前段階で節税対策をしておくと、場合によっては相続税を大幅に節税することも可能です。

それぞれ詳しくみていきましょう。

相続税の申告方法

相続税が発生する場合、決められた期限内に相続税を正しく計算し申告・納付する必要があります。

期限内に相続税を申告しないと、余計に税金を支払わなければならなくなってしまいます。特に土地や不動産の相続財産がある場合や、財産の把握が難しい場合には注意が必要です。

ここでは、相続が発生してから相続税を申告するまでの流れ・やるべきことを簡潔にまとめました。詳しくみていきましょう。

相続税申告の期限は10ヶ月!意外に知らない期限のルール

相続税の節税方法の種類

相続財産が多い場合、相続が発生する前の段階で相続税対策を行っておくと節税につながります。また、相続税の節税対策の方法にはいくつかの種類があり、気軽に節税対策を始められるものから大幅に相続税を節税できるものまでさまざまです。

ここでは、相続税の具体的な節税方法の種類について詳しくみていきましょう。

相続税の節税に利用できる4つの方法を徹底解説!

相続税の節税

知っておきたい相続対策

相続が発生する前に対策を行っておくことで、節税以外にもメリットを受けられる可能性があります。また、相続税対策を行っても、その次の相続「二次相続」に対して対策を行わないと将来的に相続税において節税面で損をしてしまう場合があります。

ここでは、知っておきたい相続対策についてみていきましょう。

いま話題の民事信託による相続対策

民事信託という言葉を聞いたことがあるでしょうか?相続税対策を行いながら、自分の財産をしっかりと管理することのできる民事信託は、ここ最近認知症対策としても注目されています。

財産をオーダーメイドで管理し、財産を継承したい人にしっかり残せるだけでなく相続によるトラブルを未然に防止することにもつながります。相続対策として話題の民事信託について詳しく解説していきます。

【民事信託のススメ】税理士も注目する相続対策の基本

認知症対策としても注目されている家族信託とは

最近話題となっている「家族信託」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

認知症対策としても注目されており、財産を安心して管理・継承するために取り入れられている方法です。

被相続人の判断能力に関係なく財産管理を行うことができる家族信託について、今回はそのポイントからメリット・デメリットまでみていきましょう。

新しい相続対策!家族信託について知ろう

意外と知らない二次相続と対策

相続が発生した際に、相続財産の分け方によって納税額が変わってくることがよくあります。節税目的で財産の分け方を変えた場合でも、その次の相続「二次相続」のことを考慮しないと実は節税の上で損をしてしまうことがあるのです。

この章では、相続税に詳しい人でも意外と知らない二次相続とその対策について詳しくみていきましょう。

相続税に要注意!二次相続について知ろう

相続対策

相続税をテコにした成功事例

将来的に支払うことになるであろう未来相続税を予測し、跡取り信託や高収益優良地所に変えることで相続税をテコに成功することが可能です。また、相続発生前に相続の仕方を工夫しておくことで、安定収入につなげることもできます。

ここでは、相続税をテコにして成功した具体的な事例を6つみていきましょう。

相続税をテコに高収益優良地所を殖やした成功事例

相続税をテコにした成功事例

相続するものの種類と対策

一概に相続財産と言っても、現金や不動産・土地や株などさまざまなものがあります。

相続するものが異なれば、相続財産の分割方法や節税対策も異なります。この章では、不動産や株といった現金以外の相続財産についての節税対策や相続税の支払い手続きについて詳しくみていきましょう。

株式を相続した場合について

大きな相続財産のひとつであるのが株式です。価格が変動する株式は相続税をどのように計算するのでしょうか?また、株式の相続には具体的にどのような手続きや書類の用意が必要なのでしょうか?

今回は株式を相続した際の相続税に関することや手続きについて詳しくみていきましょう。

【株式を相続した場合】相続税の計算方法と手続きについてまとめ

相続税と株式

相続税についてよくある疑問

入院給付金・生命保険と相続税

被相続人が亡くなった場合に発生した入院給付金や生命保険。果たしてこれらに相続税はかかるのでしょうか?

実は、入院給付金と生命保険は相続税の発生について扱いが異なります。特に入院給付金の場合、契約者が誰であるか・受取人が誰かによって相続税がかかるかどうかが決まります。

ここでは、知らないでなんとなく決めてしまうと損にもつながる、入院給付金や生命保険と相続税の関係について詳しくみていきましょう。

相続税はかかるの?入院給付金を相続した場合の対処法

入院給付金と相続税

相続時によくあるトラブル対策

はじめて遺産相続を経験すると、思いもよらないところでトラブルになってしまうことがあります。ここでは、相続が発生した際に気をつけたい口座に関するトラブルや、相続税対策として養子縁組を行った場合によくあるトラブルについて詳しくみていきましょう。

相続預金を引き出せないよくあるトラブル

預金者である被相続人が亡くなった場合、被相続人の口座は凍結されます。しかし、だからといって亡くなる前に被相続人の口座から必要なお金を引き出しておいてはいけません。

この章では、相続発生前後でよくある口座凍結に関するトラブルと、口座の凍結を解除するための方法について詳しくみていきましょう。

お金が引き出せない!相続預金の口座解除方法と新法について

相続税対策の養子縁組とよくあるトラブル4選

相続税の節税方法として有効な養子縁組。しかし。安易に養子縁組を組むことは、後々のトラブルや節税ができないことにつながるので注意が必要です。

ここでは、養子縁組による節税の方法から、養子縁組においてよくある4つのトラブルまでを詳しくみていきましょう。

相続税対策の養子縁組とよくあるトラブル4選

相続でよくあるトラブル