生前贈与とは

生前贈与とは、被相続人(財産を渡す側)が相続人(財産を継承する側)に生前に財産を渡すことを言います。

財産を譲りたい人に財産を継承できる生前贈与は、上手に利用することで相続税の節税にも非常に効果的です。上手に活用するとメリットの多い生前贈与について、特に相続税の観点から詳しくみていきましょう。

生前贈与の基本と注意点

まずは、生前贈与とはどのようなものなのか具体的にみていきましょう。また、生前贈与を行うと、贈与税が発生しますが生前贈与の使い方によっては特例枠として贈与税が免除されます。

生前贈与の基本的なことだけでなく、贈与税・特別枠や生前贈与における注意点についても一緒に詳しくみていきましょう。

手軽に節税!生前贈与のメリットと方法を徹底解説

生前贈与の基礎知識

贈与契約書の書き方と注意点

生前贈与を行う際に、実は贈与契約書は必須ではありません。ただし、生前贈与後のトラブル防止や、生前贈与を行ったことを第三者に証明するためにも作っておいた方が良い書類といえます。

この章では、贈与契約書の書き方から様式・必ず記載しておくべき事項までを詳しくみていきましょう。また、贈与契約書を作成するにあたっての注意点や贈与するもの別に知っておきたい事柄についても解説していきます。

【生前贈与のために】贈与契約書の書き方とポイント&注意点

贈与契約書の書き方

生前贈与が無効になる失敗例・よくあるトラブル

生前贈与を上手に活用すると、将来発生する相続税の節税につながります。

しかしこれは、生前贈与が節税目的であるとみなされない場合のみです。せっかく生前贈与を行っても、場合によっては無効となってしまいます。ここでは、生前贈与が無効にならないためにも、よくある失敗例・トラブルからスムーズに生前贈与を行うためのポイントまでを詳しくみていきましょう。

生前贈与が無効に!?知っておきたい失敗ケースとポイント
【重要】相続によくあるトラブルと回避のための生前対策まとめ

特別受益とよくあるトラブル

生前贈与と似たものに、特別受益という方法があります。相続財産の配分などを巡り、この特別受益があった場合にも相続人間でトラブルとなる場合があります。

特別受益とは一体どのようなものなのでしょうか。また、トラブルになることなく円滑に相続を行うためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

特別受益と相続について詳しくみていきましょう。

相続で問題になる特別受益って?税理士が徹底解説!

生前贈与の事例

生前贈与と税率の関係

生前贈与を上手く活用すると節税につながると言いますが、具体的にはどれくらい節税になるのでしょうか?

ここでは、生前贈与で発生する贈与税と相続税の税率を比較しながら、どれくらい節税につながるのか事例と一緒にみていきましょう。特に、将来的に相続税が多く発生する可能性のある方は要チェックですよ。

生前贈与の税率は?知って得する節税対策のポイント

生前贈与とは

生前贈与するものの種類とポイント

土地を生前贈与する場合

生前贈与は現金だけでなく、土地や住宅においても行うことができます。また、生前贈与を行うものの種類によってかかる税金の種類や手続きの流れが異なるので注意が必要です。

ここでは、土地を生前贈与する場合のメリット・デメリットや節税のポイントについて詳しくみていきましょう。

土地は生前贈与できるの?節税方法からメリット・デメリットまで大解説

保険を生前贈与する場合のポイント・注意事項

ここ最近、保険を利用した相続税対策をされる方が増えています。保険を上手に利用することで、節税対策になるだけでなく贈与資金の無駄遣いの防止などメリットが多いことが注目を集めています。

ここでは保険を利用した生前贈与の具体的な方法からメリット・注意事項について詳しくご紹介します。

保険を生前贈与する方法と注意点まとめ

生前贈与した賃金で住宅を建てる際のポイント

住宅を建てることを目的に生前贈与を行う場合、最大1,200万円まで非課税となります。この方法を上手に活用することで、節税しながら住宅を建てる事が可能です。

また、住宅ローンを組む場合にも、場合によっては生前贈与を併用することが可能です。今回は、住宅を新たに建てる際に知っておきたい生前贈与の仕組みについてみていきましょう。

生前贈与した資金で住宅を建てる際に知っておくこと

土地の生前贈与

相続放棄は被相続人の生前にできるの?

被相続人となる人と仲が悪かったり借金の方がプラスの財産よりも多い場合、相続の発生前に相続放棄をしたいことがあります。

相続発生前に相続を放棄することは可能なのでしょうか?また、被相続人となる人の生前に、相続放棄の代わりとなる方法はあるのでしょうか?

今回は、相続放棄の代わりとなる方法や注意点・債務における考え方について詳しく解説したいと思います。

生前に相続放棄はできない?代わりとなる方法と注意点

生前の相続放棄について