経営者が知っておきたい相続の対象と相続対策

                   souzoku-station

被相続人が亡くなると個人の財産は相続人に相続されるますが、経営していた会社やその会社の経営権は相続することができるのでしょうか?

また、会社ではなく、被相続人が個人で事業を営んでいた場合、経営権の相続はどうなるのでしょうか?

今回は、被相続人が会社又は事業の経営者であった場合の事業や経営権の相続について詳しく解説していきます。

続きを読む

銀行の預貯金を相続した場合に必要な手続きを知ろう!

                   souzoku-station

被相続人が保有している財産には不動産や土地・保険など様々なものがありますが、そのうち多くの被相続人に共通する財産と言えば、銀行に預けている預貯金です。

今回は、銀行に預けてある預貯金を相続した場合にどのような手続き方法や、注意しておくべきこと・ポイントについて詳しく解説していきます。

続きを読む

相続登記の流れと必要書類まとめ

                   souzoku-station

相続により不動産を取得すると法務局で相続登記を行い、名義を新しい所有者に変更します。一方で相続登記には期限などの定めがないため、いまだに旧所有者の名義のままで放置されている不動産も決して少なくはありません。

「特に問題がないのなら登記を急ぐ必要はないのではないか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、相続登記をしないままでいると、将来相続人同士で争いが起こってしまう可能性があるのです。

それ以外にも第三者に対して不動産の所有者であることを証明する事はできませんし、いざという時にすぐに売る事もできません。

相続で不動産を取得した場合には、できるだけすみやかに登記を行う必要があります。

今回は相続登記をしなかった場合の失敗例・相続登記の流れについて詳しく解説していきます。

続きを読む

代襲相続って?ケース別にみる代襲相続のポイント

                   souzoku-station

「代襲相続」という言葉をお聞きしたことがありますか?

相続に関する書籍などでは必ずと言っていいほど取り上げられるテーマですが、以外と代襲相続についてしっかり理解している方は少ないです。

そこで今回はこの「代襲相続」について、制度の基本的な内容を具体的なケースを交えて詳しく解説していきます。

続きを読む

【知っておきたい】相続税の特例とポイントを知ろう

                   souzoku-station

平成27年の税制改正により相続税が大幅に改正されました。これまで相続税は、一定以上の資産を持った人だけにしか関係のないものでした。ところがこの改正により、多くの人にとっても相続税は他人事では済まなくなってしまったのです。

しかし一方で相続税にはさまざまな特例があり、実際に条件さえ合えば非常に多くの控除を受けることができます。

それにも関わらず、こういった特例や控除に関する知識がないばかりに、本来支払うべき相続税を超える多額の納税をしてしまうケースが多発しています。

そこで本日は、そういったケースを防ぐために相続税に使えるさまざまな特例について解説していきます。誰でも使える相続税に関する特例・一部の人しか使えない特例など一概に相続税の特例と言ってもいくつか種類があります。

特例の種類から注意点まで詳しくみていきましょう。

続きを読む

【知っておきたい】相続税の圧縮と注意点

                   souzoku-station

「相続税対策」という言葉があるように、相続税はある種の対策をたてることにより、将来の納税額を減らすことが十分に可能な税金です。いわゆる相続税の圧縮を行うことで、相続税の節税につなげることができます。

しかしながら相続税の圧縮は、法人税対策などと比べると効果を発揮するまでの期間が長いことが多く、準備にも数倍の手間がかかります。

今回は、相続税の圧縮として有効な7つの方法について詳しくご紹介したいと思います。

続きを読む

相続された建物の評価は?相続したら知っておきたい4つのこと

                   souzoku-station

財産を相続する際に、土地と並びその評価方法をめぐって頭を悩ますのが建物です。「建物」とひと言で言っても一戸建てからマンションのような集合住宅までその形態はさまざまで、築30年のものもあれば現在建築中のものもあります。

それ以外にも、被相続人が生前住んでいた建物もあれば、賃貸物件として他人に貸している建物もあります。

このように、「建物」とひとことで言っても、その形態や使用用途などにより評価方法が変わるため、正しく評価を行うためにはいくつかの知っておかなければならないことがあります。

今回は、建物を相続した場合に知っておきたいこと4つの方法と注意点について解説していきます。

続きを読む

「相続税についてのお尋ね」って? その書き方とポイント

                   souzoku-station

被相続人が亡くなり、四十九日の法要も終わってようやく落ち着いてきた頃に、税務署から今まで見たこともないような書面が封書で送られてきたら・・・。

その表題は「相続税についてのお尋ね」もしくは「相続税の申告等についてのご案内」。

普段、税務署とあまり縁のない方ならちょっとビックリしますよね。

平成27年から相続税法が改正されて、相続税が課税される方の割合(課税割合)は8%に倍増していますが、それによってこの種の通知が送られてくる方もかなり増えたと言われています。

そこで今回は、そもそもこの「相続税についてのお尋ね」や「ご案内」とは一体何なのか、そしてもし送られてきたらどのように対処すれば良いのかについて解説します。

続きを読む

相続権がない!相続欠格と相続廃除について知ろう

                   souzoku-station

相続が発生した場合、通常被相続人の配偶者や子供などの法定相続人が相続人となって遺産を相続します。

しかし、もしその中に被相続人と相続人の間の家族関係を破壊するような行為や非行をなす者がいたとしたら、そのような者に相続権認めたくないと思うケースがあります。

また、被相続人が生前にその者を「相続人にはさせたくない」と考えることがあっても不思議ではありません。

そこで、民法には相続人としての資格を剥奪する「相続欠格」と「相続廃除」という制度が用意されています。

今回は、「相続欠格」と「相続廃除」二つの制度の内容と違いについて詳しくみていきましょう。

続きを読む

【徹底解説】医療法人の相続税対策と出資持分の関係

                   souzoku-station

医療法人の相続税対策は、単に一法人の税負担を減らすというだけにはとどまらず、地域医療や地域の安全を守ることにも繋がっています。

そもそも医療法人は、一般的な事業を行っている法人とは異なり、利益額は多いもののその利益処分としての配当金の支払いを許されていません。

一方、医療機器は全般的に大変高額なため、多額の内部留保は現金預金ではなくそれらの設備投資へ姿を変えることも少なくありません。

つまり、医療法人の相続税法上の評価額は高止まり傾向にあるものの、現金預金は利益額ほど積みあがっているわけではないのです。

田舎などの過疎地であっても医療法人のこうした体質は同じであるため、相続税対策を誤ると億単位の高額な税負担が発生し、数少ない医療施設に経営上の深刻なダメージを与えることになりかねません。

そこで本日は、医療法人の相続税対策と出資持分の関係について解説していきます。

続きを読む