相続税が支払えない!よくある2つのケースと解決策まとめ

                   souzoku-station

相続人として被相続人から財産を相続すると、個人の資産が増えて豊かになるようなイメージがあります。しかし、実は必ずしもそうとは限らないことをご存知ですか?

場合によっては相続税の支払いに苦しめられることもあるからです。実は、財産を相続したものの相続税が支払えないケースは決して珍しい事ではありません。

平成27年の相続税の改正により基礎控除額が今までよりも大きく引き下げられました。それによって、相続税の課税対象者が増え、相続税の支払いに苦戦する人が多くなったのです。

この相続税の改正により新たに課税対象者となった層のかなりの部分は、世間がイメージする、いわゆる「相続によって豊かになる人たち」とは異なります。

これは一体どういうことなのでしょうか?今回は、相続税が支払えない場合によくあるケースと対処法について詳しくみていきましょう。

続きを読む

【株式を相続した場合】相続税の計算方法と手続きについてまとめ

                   souzoku-station

相続財産にはさまざまなものがありますが、その一つが「株式」です。価格が常に変動する株式を相続する場合、どのように相続税を計算するのでしょうか。

相続する財産にはさまざまな種類がありますが、その中の一つに株式があります。株式は株式市場に上場している「上場株式」と、株式市場に上場していない「非上場株式」の二つに分ける事が出来ますが、その二つに共通しているのは「価格が常に変動している」という点です。

株式は現金や預金と同じく有価証券に分類されますが、現金や預金のように価格が常に同じではなく、まず価格を決定するための評価が必要で、なおかつ常に変動しているため、正しい価格を知るためには大変複雑な作業を必要とします。

今回は、上場株式と非上場株式の2種類の株式の評価方法を確認しながら相続税の計算方法や相続後の株式の名義変更に必要な書類や手続き等についてお話ししたいと思います。

続きを読む

相続税はかかるの?入院給付金を相続した場合の対処法

                   souzoku-station

生命保険の加入者が保険会社から支払われるものには、「生命保険金」と「入院給付金」の2種類があります。

実は相続の場合、この「生命保険金」と「入院給付金」では扱いが異なることをご存知でしょうか?相続税を節税するためには、特に入院給付金の受取人を誰にするのかしっかりと考えておくことが大切です。

今回は、入院給付金の相続税の上での取扱と、生命保険との扱いの違いについて詳しくみていきます。

まずは入院給付金について詳しくみていきましょう。

続きを読む

【意外と知らない】お墓の購入は相続税の節税効果につながるの?

                   souzoku-station

平成25年の相続税の改正により、平成27年1月1日から相続税のかかる対象が大きく変わりました。

これまでは【5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)】であった基礎控除が【3,000万円+(600万円×法定相続人の数)】に引き下げられたことにより、今まで相続税に関係のなかった多くの人たちにとっても、相続税対策は他人事ではなくなる時代がやって来ました。

相続税の節税対策というと、生前贈与や養子縁組などさまざまなものがあります。なかでも、最も簡単に取り入れられる方法がお墓の購入による節税対策です。

そこで今回は、相続税対策として有効なお墓にについて詳しくご紹介したいと思います。さっそくみていきましょう。

続きを読む

新しい相続対策!家族信託について知ろう

                   souzoku-station

特に50代を過ぎると、徐々に老後の資産管理が気になり始めるのではないでしょうか。また、資産を将来の備えて管理したいと思っても、高齢になるに従って体力や判断力が下がってきたり認知症になるリスクも発生します。

資産を適切に管理できるか、自分が希望する介護や医療、そして遺産相続ができるかなど、さまざまな問題が発生します。そんなときに有効活用できるのが、家族信託です。家族信託は、信頼できる家族に財産の管理を任せることのできるシステムです。

今回は、財産を管理する方法としてぜひ知っていただきたい家族信託について詳しくご紹介します。

さっそくみていきましょう。

続きを読む

【重要】相続によくあるトラブルと回避のための生前対策まとめ

                   souzoku-station

遺産相続は、トラブルを回避し相続税をできるだけ節税するためにも生前対策が重要です。また、財産を残したい相続人へ財産が相続できるようにし、同時に相続人同士の間でトラブルにならないように生前に予め想定できるトラブルを回避することもポイントです。

せっかく残した相続財産が相続人間のトラブルの火種を作り、「相続」がきっかけで「争族」となってしまっては、何のために財産を残したのか分からなくなってしまいます。

そこで今回は、相続に関してよくある代表的なトラブルの例と、トラブルを回避するために生前に行うべき相続対策についてお話ししていきたいと思います。

まずは相続についてよくあるトラブルからみていきましょう。

続きを読む

相続税の税務調査とは

                   souzoku-station

意外と知られていない、相続税における税務調査。相続税の税務調査は、所得税の税務調査よりも高い確率で来るのです。

今回は、相続税に関する税務調査についてみていきましょう。

特に、相続税を申告してまだ数年しか経っていない・相続税に詳しくない税理士に依頼したという方は要チェックですよ。

続きを読む

養子縁組とは

                   souzoku-station

養子縁組を行うことで、相続税対策になる場合があることをご存知ですか?

養子縁組を組むことで、知っているとかなりの額の節税につながる場合もあります。

しかし一方で、注意点や節税対策としての養子縁組の方法を理解していないと、節税になるどころか家族間トラブルに発展してしまうことも。

今回は、相続税の節税に効果のある養子縁組のポイントからよくあるトラブルまでを詳しくみていきましょう。

続きを読む

相続放棄とは

                   souzoku-station

相続が発生した場合、相続人は必ずしもその遺産を相続しなければならないわけではありません。

相続を放棄する「相続放棄」を行うことで、本来相続する予定だった遺産分を放棄することができます。

例えばプラスの遺産よりもマイナスの遺産の方が多い場合や、被相続人と長年不仲だった場合などの相続放棄をするケースがあります。

今回は、相続放棄について詳しくみていきましょう。

続きを読む

【知って得する!】平成30年に改正された事業承継税制について徹底解説

                   souzoku-station

事業を次世代に継承する場合、誰に継承させるか・継承しないほかの子供にはどれだけ株式を相続するかなどさまざまな課題が生じます。

また、会社の株式に対しても相続税が発生するので、株や事業を継承してもキャッシュが不足していると相続税の支払いに困ってしまうケースが少なくありません。そんな事業継承にまつわる課題を、今後払拭してくれるのが「事業承継税制」です。

今回は、平成30年に改正された節税の観点でメリットの多い事業承継税制について徹底解説していきます!相続税を大幅に減免できる事業承継税制について、詳しくみていきましょう。

続きを読む