お得+スムーズ!相続専門税理士に申告を依頼する4つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
                   souzoku-station

相続が発生した場合、いつまでに・どのように相続税申告を済ませなければいけないかご存知ですか?

必要な書類を期限内に正しく提出しなければならないため、税理士に依頼する必要があります。しかし、一概に税理士といっても相続専門の税理士から町の税理士事務所までさまざまなものがあります。

今回は、なかでも相続税申告を相続専門税理士に頼んだ方が良い理由をご紹介いたします。さっそくみていきましょう。

メリット1:相続専門税理士に頼むと弁護士より安く依頼できる

相続と聞くと、顧問契約を結ぶ相手は弁護士か税理士を思い浮かべるのではないでしょうか?

弁護士が代理人になることもできますが、税理士に比べてかなり費用が嵩むと考えて良いでしょう。弁護士が代理人となる場合、相続トラブルが起こっている場合がほとんどです。

一般的な相続税申告や相続手続きには、相続専門税理士が顧問になるのが一般的です。相続専門税理士の場合、相続に関する専門知識や最新情報にも精通しています。

弁護士ほど費用が嵩むこともないので、相続に関する相談も気軽にすることができます。

相続税の申告業務も税理士は行える

弁護士よりも税理士の方が費用がかさまないことが分かりましたが、では、司法書士はどうなのでしょうか?

司法書士の場合、財産が基礎控除以下の場合は良いのですが、財産がそれ以上になった場合は弁護士に依頼するのと変わりません。また、司法書士は申告業務も行うことができません。

相続税の申告業務ができるのは、税理士だけの業務なのです。そのため、相続専門の税理士に依頼した場合、弁護士より安く、かつ確実に相続税の申告と納税が行うことができます。

相続を税理士に頼むメリット

メリット2:普通の税理士よりも費用が安く済む

相続専門の税理士は、弁護士・司法書士よりも費用が安く済むだけではありません。実は、相続を専門としていない、いわゆる普通の税理士よりも更に費用を安く済ませることができます。

普通の税理士よりも相続専門の税理士が安い理由

一言に税理士といっても、さまざまな税理士が存在します。たとえば確定申告の際に税務署に依頼されて、多くの個人事業主の決算をチェックすることが得意な税理士もいれば、町の会計事務所として中小企業の決算が得意な税理士もいます。

実は、大多数の税理士は、こうした決算や確定申告にまつわる業務をメインとしています。決算・確定申告を専門とする大多数の税理士は、相続に関しては基礎知識しか持っていない場合も少なくありません。

よって、相続税申告や相続の担当を任された場合、相続に関することを調べたり、法律の改正があった場合の最新情報を入手するところから業務がスタートします。多く時間がかかる分、クライアントに請求する費用も高くなりやすいのです。

一方、相続専門の税理士の場合、相続に関して広く深い知識を有しています。最新情報にも強いので、気軽に質問しやすいだけでなく、普通の税理士に比べて相談料・顧問料が嵩みにくいです。

相続専門の税理士に頼むと、相続に関する知識が豊富なだけでなくコスト削減につながるのは、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

税理士と弁護士

メリット3:相続税が節税しやすい

相続専門税理士に依頼するメリットは、顧問料が安くなることだけではありません。相続税の節税もしやすくなります。

たとえば、財産には評価額というものがあります。評価額は一概に決まるものではなく、税理士の腕によって評価額が異なってくるのです。

決算・確定申告を専門としている税理士は、評価額や節税ポイントに関する知識がない場合も多いです。

相続専門税理士は節税ポイントを理解している

その点、相続専門の税理士なら、企業の決算を行わず、相続税を専門にしていますので、適切な節税ポイントもすべてわかっており安心です。脱税にならないよう配慮しながら、相続税の納めすぎを防ぎ、適切な納税、そして適切な節税を行ってくれます。

相続税は誰が担当しても同じ税額になるわけではありません。節税に強く、適切に処理してくれる相続専門の税理士が望ましいのです。

相続税の節税

メリット4:相続税の申告がスムーズ

相続専門の税理士の場合、相続税申告に必要な書類や揃えなければいけないもの・申告期限についてもすでに理解しています。よって、普通の税理士であれば、書類を提出するそれぞれの段階で書類に不備がないか調べる必要がありますが、相続専門税理士はその必要がありません。

スムーズに相続税申告を済ませることができます。

相続専門税理士なら税務署に目をつけられにくい

さらに、相続専門税理士は、税務署にチェックされやすい項目や、申請ミスが起きがちな事柄についてのノウハウもあります。税務署に目を付けられずに、スムーズに申告を完了しやすいです。

たとえば口座の入出金を考えてみましょう。個人の口座から過去に数百万円、あなたの口座に移動している形跡があったとき、税務署は口座の入出金の履歴も全て把握することができるため、申告をしていないと、あとから納税を言われてしまいます。

期限後に指摘されることとなるため、ペナルティも大きく、延滞税が加算されて莫大な額の贈与税を納める必要がでてきます。しかし、これが相続専門の税理士に依頼していたらどうでしょうか。

相続専門の税理士は、故人の通帳をチェックし、しかるべき申告があれば、申告するよう指摘してくれるでしょう。そして、適切な額を納税し、しかも関係書類等もきっちり合わせて提出しますので、非常に否認されづらいのです。

このように、相続専門税理士が相続税の申告を担当すると、スムーズに済ませることができます。

相続専門税理士による申告

まとめ

いかがでしたか?相続専門の税理士に相続税申告を依頼すると、コスト削減・節税・スムーズに完了するなどメリット満載なことをお分かりいただけたかと思います。

一概に税理士といっても、さまざまな人がいる中で、自分に適した税理士を探すのは難しいもの。相続に関して分からないこと・困ったことがある場合は、相続専門の税理士に相談してみると良いでしょう。

しっかり節税しながらも、安くスムーズに相続申告を済ませるようにしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
○○○

SNSでもご購読できます。