相続の基礎知識

知って得する!相続財産調査の方法と発見される財産の実態

相続が発生した際、相続人の特定とともにやらなければならないのが相続財産の確認です。自分の財産を完璧に把握している人は少ないと思いますが、亡くなった人の遺産であればなおさらです。

本人に直接尋ねることができないので、財産すべてを洗い出すのが難しいことも珍しくありません。また、場合によっては莫大な債務がみつかることもあります。

財産を一度相続してしまうと相続放棄ができなくなってしまうため、気楽に考えているとあとで取り返しのつかないことになってしまう可能性もあります。

今回は、間違いなくスムーズに相続を行うための相続財産の調査方法について解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

知っておきたい!損害保険の相続方法と相続税の考え方

生命保険は損害保険と比べると契約期間が長く、保険料や保険金が高額な商品も多くあります。また生命保険は相続時の節税などに利用できる場合も多いため、保険の相続といえば生命保険をイメージされる方も多いのではないでしょうか?

確かに損害保険は生命保険と比べると相続の際に見落とされがちですが、相続が発生した場合には生命保険だけでなく損害保険も相続財産として計上する必要があるかどうかを必ず確認しなければなりません。

事実、相続後の税務調査において、損害保険の計上漏れを指摘され、過少申告加算税や延滞税を支払っている人は少なくありません。

今回は、相続時に見落とされやすい損害保険の相続方法と相続税の考え方について解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

特別縁故者って?意外と知らない相続税の基礎知識

亡くなった人に相続人が一人もいない場合、財産はすべて国庫へ帰属することになります。
しかし、全ての身寄りのない人の財産が国庫へ帰属するわけではありません。相続人がいない場合でも一定の要件を満たした上で申請を行えば、財産の一部もしくは全部を相続することができるのです。

このように被相続人と特別な関係があったと認められた人のことを、特別縁故者といいます。

本日はこの特別縁故者について解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

既経過利息って?相続税評価の計算方法を知ろう

相続財産に含まれている預貯金には、その計算期間に応じて預金利息が付与されます。しかし、大抵の場合は次の預金利息がもらえる前に亡くなることがほとんどです。

このような預貯金に関する未実現の受取利息は、相続財産の評価を行う上でどのように扱えばよいのでしょうか?

例えば利息を受け取る1日前に亡くなった場合には、預金利息は相続財産に入れなくて良いのでしょうか?

そこで本日は、預貯金の既経過利息の相続税評価について解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

外貨を保有!相続税評価の方法と具体例

相続財産には不動産をはじめ、現金預金、株式や自動車から美術品までさまざまな物が含まれています。ではその中に外貨があった場合、相続税の評価をどのように行えばよいのでしょうか?

また、相続人に債務がある場合があります。この債務が外貨建てである場合にも、同様に相続税評価を行わなければなりません。

ここでは、外貨を保有していた場合の相続税評価の方法について具体例を交えつつ解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

自動車を相続!知っておきたい手続き5つのステップ

最近は高齢になると自動車の運転免許証を返納する人が増えていますので、そのタイミングで自動車を処分してしまう人も多いかもしれません。

しかし、亡くなられた方の相続財産の中に自動車が含まれるケースは実際によくあります。

相続財産の中に自動車が含まれていて、相続財産の合計価額が基礎控除を超えて相続税がかかってしまう場合は相続税の申告・納付がもちろん必要になります。今回は自動車を被相続人から相続する時に必要な手続きについて詳しく解説します。

続きを読む

                   souzoku-station

消費税も課税対象?個人事業を相続した場合の納税義務と免除

相続と消費税

相続が発生した際、まず思い浮かぶ税金といえば「相続税」ですが、相続人が負担する税金は必ずしもそれだけとは限りません。

特に、被相続人が生前に個人で事業を営まれていた場合には、亡くなられた年に被相続人が得た所得に対して「所得税」が課税されます。また、営んでいた事業の売上や仕入に対しては「消費税」が課税され、一定の条件を満たしているとそれも納めなければなりません。

そこで今回は、相続税や所得税に比べて見落としてしまいがちな「被相続人から個人事業を相続した場合の消費税の取扱い」について解説します。

続きを読む

                   souzoku-station

相続は誰に?後妻がいる場合の子と妻の相続事情

「誰が相続人になるのか」ということ(相続関係)はただでさえ複雑で分かり難いものです。

中でも実際に間違われることも多く最近よくあるケースは「被相続人が生前に離婚をして再婚していた場合」、つまり、被相続人に先妻と後妻がいる場合です。

今回は、被相続人に後妻がいる場合の子どもと妻の相続権や相続配分がどうなるのかについて詳しく解説します。

続きを読む

                   souzoku-station

代償分割って?遺産分割の方法と相続税の計算方法

代償分割

遺産を相続人の間で円滑に分割する方法のひとつに、代償分割という方法があることをご存知でしょうか?

例えば遺産のほとんどが不動産で、相続人間で遺産をうまく分けることができないため、とりあえず不動産は相続人が共有する形で相続するといったケースはよくあります。

しかし、そういうケースでは、その後相続した不動産の利用方法について相続人間で意見が合わなくなって、トラブルになってしまうということも少なくありません。

このような面倒な事態を避ける一つの方法として「代償分割」というものがあります。

今回は、代償分割による遺産分割の方法とそのメリット・デメリット、実際に代償分割を行った際の相続税の計算方法について解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

誰が相続?子供が死亡したケースの相続について

子供が死亡した場合の相続

「相続」というと、親のどちらかが亡くなり配偶者や子が相続するケースを連想される方が多いと思いますが、なかには子が親よりも先に亡くなる場合があります。このような場合、亡くなった子供の財産は誰が相続することになるのでしょうか?

また、預金口座の名義は子供であっても実質的な管理者が親であるような、いわゆる「名義預金」があった場合、相続時にはこれをどのように扱えば良いのでしょうか?

ここでは、親よりも先に子供が死亡した場合の相続について解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station