相続税の節税

平成30年度より改正!新しい家なき子特例について詳しく解説

平成30年度の税制改正により、いわゆる“家なき子特例”や“貸付事業用宅地”に係る小規模宅地等の特例の要件が非常に厳しいものになりました。

小規模宅地等の特例は、その土地の利用区分や特例を受けられる面積の限度、減額される割合等の適用要件が非常に複雑なこともあり、これまでにも数度の改正が行われてきました。平成30年の税制改正では、中でも適用要件に関する改正が行われることになりました。

今回の改正の目玉として取り上げられたのが、いわゆる“家なき子特例”の適用基準の改正です。”家なき子特例”の一体何が問題で、具体的にはどのように変わったのでしょうか?

今日は “家なき子特例”の改正について詳しく解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

【意外と知らない】お墓の購入は相続税の節税効果につながるの?

平成25年の相続税の改正により、平成27年1月1日から相続税のかかる対象が大きく変わりました。

これまでは【5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)】であった基礎控除が【3,000万円+(600万円×法定相続人の数)】に引き下げられたことにより、今まで相続税に関係のなかった多くの人たちにとっても、相続税対策は他人事ではなくなる時代がやって来ました。

相続税の節税対策というと、生前贈与や養子縁組などさまざまなものがあります。なかでも、最も簡単に取り入れられる方法がお墓の購入による節税対策です。

そこで今回は、相続税対策として有効なお墓にについて詳しくご紹介したいと思います。さっそくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

【知って得する!】平成30年に改正された事業承継税制について徹底解説

事業を次世代に継承する場合、誰に継承させるか・継承しないほかの子供にはどれだけ株式を相続するかなどさまざまな課題が生じます。

また、会社の株式に対しても相続税が発生するので、株や事業を継承してもキャッシュが不足していると相続税の支払いに困ってしまうケースが少なくありません。そんな事業継承にまつわる課題を、今後払拭してくれるのが「事業承継税制」です。

今回は、平成30年に改正された節税の観点でメリットの多い事業承継税制について徹底解説していきます!相続税を大幅に減免できる事業承継税制について、詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

相続税の節税とは

相続税は、相続財産が多いほど多く発生します。将来発生する相続税を未然に減らす準備として、生前贈与や養子縁組が行われることがあります。

また、他にも相続税の節税対策として生命保険や不動産を利用する方法もあります。相続税の節税方法について詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

生命保険を利用して相続税を徹底的に節税する方法

生命保険を利用して相続税を節税することができます。生命保険は、健康な人が生きているうちに自分の身に対してかけ、亡くなったらそれを受取人がまとまった額を受け取るというものです。

ではそんな生命保険がなぜ節税になるのでしょうか。どのような仕組みなのか、みていきます。

続きを読む

                   souzoku-station

知って得する!不動産を利用した相続税の節税対策

相続が発生し、相続税を納めることを考えた時、相続財産の総額にたいして相続税がかかります。

相続税を節税する方法にはいくつかありますが、今回は不動産を利用して相続税を少なくする方法をご紹介したいと思います。

具体的な不動産による相続税の節税方法から、メリット・デメリットまで詳しくみていきましょう。

続きを読む

                   souzoku-station

相続税対策にも効果的!定期借地権について知ろう

土地が余っていて、土地を売ることを考えていない場合、更地のまま放っておくよりも土地を貸し出した方が良い場合があります。特に将来的に相続を考えている場合は、条件の合う定期借地権を利用して、土地の貸し出しを行ってみると良いでしょう。

今回は、土地を誰かに貸し出そうと考えた時に知っておきたい「定期借地権」について、特徴やメリット・デメリットをまとめました。

特に、相続税を節税したいと考えている方は要チェックですよ。

続きを読む

                   souzoku-station