生前贈与

申告漏れはバレる?贈与税の申告手順を知ろう

両親や祖父母など、個人から贈与を受けた場合には贈与税の申告が必要になる場合があります。贈与税の申告は、どのような場合に必要になるのでしょうか?

また、贈与税の申告を怠ったことで税務署に見つかって大変な目にあった人の話を耳にすることがあります。贈与税の申告漏れは、必ず税務署に見つかってしまうのでしょうか?

今回は、贈与税の申告が必要になる基準や手続きの流れ・申告漏れがあった場合について詳しくご紹介していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

【障害のある子への生前贈与】早めの対策で相続税を節税

障害を持つ子への生前贈与対策

障害のある子に少しでも多くの財産を残したいと考えた時、生前贈与を積極的に活用することにより将来の相続税を節税することができる場合があります。

生前贈与を前倒して行い早目の相続対策をおこなうことで、財産を「生前贈与」と「相続」とに分散し、税金として流出してしまう財産を出来るだけ少なくするわけです。

本日は、障害のある子へ少しでも多くの財産を残すための生前贈与について解説していきます。

続きを読む

                   souzoku-station

暦年贈与とは?知っておきたい生前贈与の基本

相続対策の有効な手段の一つに「暦年贈与」といわれるものがあります。

最もオーソドックスな相続対策なのでご存知の方も多いかと思いますが、安易に考えてやり方を間違えると折角の努力が無駄になってしまうばかりか、後日税務署からペナルティを課せられることもあり得ます。

今回は、生前贈与の基本として暦年贈与を行う際の注意点や後に税務署から贈与を否認されないための対策について解説していきます。
続きを読む

                   souzoku-station

教育資金贈与の非課税制度について知ろう

「子どもや孫に教育資金をまとめて贈与しても1,500万円までは税金がかからない」ということは、ここ最近かなり広く知られるようになりました。

毎年行われる税制改正によって、2019年4月1日から制度内容が一部改正されました、今回は、改めて「教育資金贈与の非課税制度」について詳しくみていきましょう。
続きを読む

                   souzoku-station

おしどり贈与って?知っておきたい生前贈与対策

住み慣れた自宅を配偶者に遺す方法の一つに、贈与税の特例で「おしどり贈与」といわれるものがあります。

最近、民法(相続編)が改正されたこともあって、この言葉を新聞や雑誌などで目にする機会も増えましたが、「おしどり贈与は生前対策としてホントに有効なのか?」と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、このおしどり贈与について、制度のメリット・デメリットや注意点を詳しく解説していきます。
続きを読む

                   souzoku-station

贈与税が非課税となる全5パターン+α

生前贈与を行う場合、条件に合った方法を選ぶことで贈与税を非課税にすることができます。

今回は、贈与税を非課税にできるよく利用される方法から、条件を満たせば贈与税を大幅に節税できる非課税枠のある生前贈与の方法までを詳しくご紹介。

利用する際の注意点も併せて詳しくみていきましょう。
続きを読む

                   souzoku-station

特別受益の持ち戻しって?生前贈与の基礎知識

親が亡くなって相続が生じたため、遺された兄弟で遺産分割協議を行うことになり、協議では喧嘩にならないよう法定相続分で均等に分けることに合意したものの、「兄さんは以前マイホーム取得の際に親から幾らか資金援助してもらっているのに不公平だな」などと感じるケースも中にはあるのではないでしょうか。

今回は、このような生前贈与があった場合に、相続分の計算を調整する「特別受益の持ち戻し」について解説します。
続きを読む

                   souzoku-station

保険を生前贈与する方法と注意点まとめ

被相続人が亡くなったことによって相続人が受け取った生命保険金には、一定金額(5百万円×法定相続人の数)まで相続税がかからないという、「生命保険金等の非課税制度」についてはよく知られています。

しかし、生命保険を活用した相続対策にはほかにも様々なものがあり、今回はその一つである生命保険を生前贈与の手段として活用する方法について解説します。

続きを読む

                   souzoku-station

相続で問題になる特別受益って?税理士が徹底解説!

一部の相続人だけが被相続人から生前贈与を受けている場合や、相続開始後に遺贈(遺言によって財産を無償で譲ること)を受けたものが相続人の中にいる場合、ほかの相続人が残された財産のみを法定相続分どおりに計算するだけでは、不公平な相続になってしまいます。

特定の相続人に対して特別受益があった場合、不公平さを是正するためにはどのような方法があるのでしょうか?

本日は相続で問題になる特別受益について徹底解説します。

続きを読む

                   souzoku-station

生前に相続放棄はできない?代わりとなる方法と注意点

「うちの親は借金の方が多いから、今から相続放棄しておきたい」、あるいは「将来、相続で面倒な争いに巻き込まれたくないから、事前に相続放棄しておきたい」といったことを考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、生前に相続を放棄することはできるのでしょうか?

今回はこの相続放棄について、生前に行うことができるものなのか、またできないとしたら代わりにどんな方法があるのかを解説していきたいと思います。

続きを読む

                   souzoku-station