【生前贈与のために】贈与契約書の書き方とポイント&注意点

                   souzoku-station

平成27年から相続税法が改正・施行になり、相続税の課税対象者が大幅に拡がったこともあって、昨今、相続対策としての生前贈与に非常に関心が集まっています。

そこで今回は、贈与を行う際に作成する「贈与契約書」の書き方をポイント・注意点と合わせて解説します。

続きを読む

遺言書がみつかった!検認手続きの流れとよくあるケース

                   souzoku-station

相続が起きた時、亡くなった方が遺言書を残している場合があります。遺言書をみつけたら、つい開封して中身を見てみたいと思われるかもしれませんが、遺言書を発見した人はまず「検認」という手続をとる必要があります。

遺言書の検認にはどのような意味があり、具体的にはどのような手続きをとるのでしょうか?

また、検認をせずに遺言書を開封するとどのような問題が起こるのか、どういった罰則があるのかも知っておくと良いでしょう。

今回は遺言書をみつけたときに確認したい検認手続の方法と、遺言書でよくあるトラブルについてご紹介します。

続きを読む

2割加算の対象?孫を養子にする前に知っておくべき相続税対策

                   souzoku-station

財産を孫が相続することがあります。例えば遺言書を書いて孫に財産を分ける場合や、親よりも子が先に亡くなった場合、相続税対策の一環として法定相続人を増やすために孫を養子にする場合などもあります。

孫が相続すること自体はさほど珍しい事ではありません。しかし、「孫が財産を相続する」という条件は同じにも関わらず、場合によっては相続税額が増えてしまうことはあまり知られていません。

そこで今日は、孫が相続をする場合においてのケース別の違いを見ていきながら、それぞれのメリットや問題点について確認していきましょう。

続きを読む

税務調査の対象に!相続税の追跡対象とペナルティについて

                   souzoku-station

会社を経営されている方や個人で事業をされている方は、毎年法人税や所得税の確定申告をされているので、過去に税務署の調査を受けた経験がある方も中にはいるかもしれません。

しかし、税務調査はなにも法人税や所得税に限った話ではなく、相続税にも税務調査はあります。

平成27年から相続税法が改正・施行され、基礎控除額が40%引き下げられたことで相続税の課税対象者が大幅に拡がったこともあり、今後は相続税でも税務調査を受ける人が増えると予想されています。

そこで今回は、「相続税で税務調査の対象になりやすい人とはどういう人なのか」「どのくらいの割合で相続税に関して税務調査を受けるのか」について解説したいと思います。

続きを読む

【徹底解説】相続放棄のやり方とよくあるQ&A

                   souzoku-station

誰もが一生に一度は経験するであろう「相続」。

最近、相続に関する法制度が立て続けに改正されていることもあり、一般の方の関心も非常に高まっています。そんな中、今回は相続の中でも一つの特殊なケースとして「相続放棄」にフォーカスし、その具体的なやり方について解説します。

続きを読む

平成30年度より改正!新しい家なき子特例について詳しく解説

                   souzoku-station

平成30年度の税制改正により、いわゆる“家なき子特例”や“貸付事業用宅地”に係る小規模宅地等の特例の要件が非常に厳しいものになりました。

小規模宅地等の特例は、その土地の利用区分や特例を受けられる面積の限度、減額される割合等の適用要件が非常に複雑なこともあり、これまでにも数度の改正が行われてきました。平成30年の税制改正では、中でも適用要件に関する改正が行われることになりました。

今回の改正の目玉として取り上げられたのが、いわゆる“家なき子特例”の適用基準の改正です。”家なき子特例”の一体何が問題で、具体的にはどのように変わったのでしょうか?

今日は “家なき子特例”の改正について詳しく解説していきます。

続きを読む

相続税が支払えない!よくある2つのケースと解決策まとめ

                   souzoku-station

相続人として被相続人から財産を相続すると、個人の資産が増えて豊かになるようなイメージがあります。しかし、実は必ずしもそうとは限らないことをご存知ですか?

場合によっては相続税の支払いに苦しめられることもあるからです。実は、財産を相続したものの相続税が支払えないケースは決して珍しい事ではありません。

平成27年の相続税の改正により基礎控除額が今までよりも大きく引き下げられました。それによって、相続税の課税対象者が増え、相続税の支払いに苦戦する人が多くなったのです。

この相続税の改正により新たに課税対象者となった層のかなりの部分は、世間がイメージする、いわゆる「相続によって豊かになる人たち」とは異なります。

これは一体どういうことなのでしょうか?今回は、相続税が支払えない場合によくあるケースと対処法について詳しくみていきましょう。

続きを読む

【株式を相続した場合】相続税の計算方法と手続きについてまとめ

                   souzoku-station

相続財産にはさまざまなものがありますが、その一つが「株式」です。価格が常に変動する株式を相続する場合、どのように相続税を計算するのでしょうか。

相続する財産にはさまざまな種類がありますが、その中の一つに株式があります。株式は株式市場に上場している「上場株式」と、株式市場に上場していない「非上場株式」の二つに分ける事が出来ますが、その二つに共通しているのは「価格が常に変動している」という点です。

株式は現金や預金と同じく有価証券に分類されますが、現金や預金のように価格が常に同じではなく、まず価格を決定するための評価が必要で、なおかつ常に変動しているため、正しい価格を知るためには大変複雑な作業を必要とします。

今回は、上場株式と非上場株式の2種類の株式の評価方法を確認しながら相続税の計算方法や相続後の株式の名義変更に必要な書類や手続き等についてお話ししたいと思います。

続きを読む

相続税はかかるの?入院給付金を相続した場合の対処法

                   souzoku-station

生命保険の加入者が保険会社から支払われるものには、「生命保険金」と「入院給付金」の2種類があります。

実は相続の場合、この「生命保険金」と「入院給付金」では扱いが異なることをご存知でしょうか?相続税を節税するためには、特に入院給付金の受取人を誰にするのかしっかりと考えておくことが大切です。

今回は、入院給付金の相続税の上での取扱と、生命保険との扱いの違いについて詳しくみていきます。

まずは入院給付金について詳しくみていきましょう。

続きを読む

【意外と知らない】お墓の購入は相続税の節税効果につながるの?

                   souzoku-station

平成25年の相続税の改正により、平成27年1月1日から相続税のかかる対象が大きく変わりました。

これまでは【5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)】であった基礎控除が【3,000万円+(600万円×法定相続人の数)】に引き下げられたことにより、今まで相続税に関係のなかった多くの人たちにとっても、相続税対策は他人事ではなくなる時代がやって来ました。

相続税の節税対策というと、生前贈与や養子縁組などさまざまなものがあります。なかでも、最も簡単に取り入れられる方法がお墓の購入による節税対策です。

そこで今回は、相続税対策として有効なお墓にについて詳しくご紹介したいと思います。さっそくみていきましょう。

続きを読む