【障害のある子への生前贈与】早めの対策で相続税を節税

                   souzoku-station
障害を持つ子への生前贈与対策

障害のある子に少しでも多くの財産を残したいと考えた時、生前贈与を積極的に活用することにより将来の相続税を節税することができる場合があります。

生前贈与を前倒して行い早目の相続対策をおこなうことで、財産を「生前贈与」と「相続」とに分散し、税金として流出してしまう財産を出来るだけ少なくするわけです。

本日は、障害のある子へ少しでも多くの財産を残すための生前贈与について解説していきます。

続きを読む

既経過利息って?相続税評価の計算方法を知ろう

                   souzoku-station

相続財産に含まれている預貯金には、その計算期間に応じて預金利息が付与されます。しかし、大抵の場合は次の預金利息がもらえる前に亡くなることがほとんどです。

このような預貯金に関する未実現の受取利息は、相続財産の評価を行う上でどのように扱えばよいのでしょうか?

例えば利息を受け取る1日前に亡くなった場合には、預金利息は相続財産に入れなくて良いのでしょうか?

そこで本日は、預貯金の既経過利息の相続税評価について解説していきます。

続きを読む

外貨を保有!相続税評価の方法と具体例

                   souzoku-station

相続財産には不動産をはじめ、現金預金、株式や自動車から美術品までさまざまな物が含まれています。ではその中に外貨があった場合、相続税の評価をどのように行えばよいのでしょうか?

また、相続人に債務がある場合があります。この債務が外貨建てである場合にも、同様に相続税評価を行わなければなりません。

ここでは、外貨を保有していた場合の相続税評価の方法について具体例を交えつつ解説していきます。

続きを読む

相続税の障害者控除って?うつ病にも適用される控除条件とは

                   souzoku-station

精神障害や身体的な障害のある場合、一定の条件を満たすことで相続税の一部が控除されます。

例えば相続が開始となる以前にうつ病を発症していた場合も、相続税控除の対象となります。

今回は、障害者控除の種類と控除金額や要件について詳しくみていきましょう。

続きを読む

自動車を相続!知っておきたい手続き5つのステップ

                   souzoku-station

最近は高齢になると自動車の運転免許証を返納する人が増えていますので、そのタイミングで自動車を処分してしまう人も多いかもしれません。

しかし、亡くなられた方の相続財産の中に自動車が含まれるケースは実際によくあります。

相続財産の中に自動車が含まれていて、相続財産の合計価額が基礎控除を超えて相続税がかかってしまう場合は相続税の申告・納付がもちろん必要になります。今回は自動車を被相続人から相続する時に必要な手続きについて詳しく解説します。

続きを読む

消費税も課税対象?個人事業を相続した場合の納税義務と免除

                   souzoku-station
相続と消費税

相続が発生した際、まず思い浮かぶ税金といえば「相続税」ですが、相続人が負担する税金は必ずしもそれだけとは限りません。

特に、被相続人が生前に個人で事業を営まれていた場合には、亡くなられた年に被相続人が得た所得に対して「所得税」が課税されます。また、営んでいた事業の売上や仕入に対しては「消費税」が課税され、一定の条件を満たしているとそれも納めなければなりません。

そこで今回は、相続税や所得税に比べて見落としてしまいがちな「被相続人から個人事業を相続した場合の消費税の取扱い」について解説します。

続きを読む

相続税を延納!担保にできるものと条件について

                   souzoku-station

相続税の申告と納付は、被相続人が亡くなった日の翌日から10か月以内と定められています。納付については現金一括払いが原則ですが、例外として延納も認められています。

例えば相続する財産に納税資金として利用できる現金が少額しかなく、土地がほとんどであることがあります。このよう場合には、相続税は支払わなければならないものの期限内に現金を用意することができない場合があります。

なぜなら土地は有価証券などと比べて流動性が低いため現金化するのに時間が必要で、場合によっては「ばく大な財産は相続したものの、相続税が払えない」ことが起こりうるからです。

このため相続税には、納付期限を伸ばすことができる「延納制度」が設けられています。ただし延納制度を利用するためには、担保を提供する必要があります。担保として認められるものは決められており、さらには担保を途中で交換したり、解除したりすることも認められています。

ここでは相続税を延納するための担保について解説していきます。

続きを読む

相続は誰に?後妻がいる場合の子と妻の相続事情

                   souzoku-station

「誰が相続人になるのか」ということ(相続関係)はただでさえ複雑で分かり難いものです。

中でも実際に間違われることも多く最近よくあるケースは「被相続人が生前に離婚をして再婚していた場合」、つまり、被相続人に先妻と後妻がいる場合です。

今回は、被相続人に後妻がいる場合の子どもと妻の相続権や相続配分がどうなるのかについて詳しく解説します。

続きを読む

要チェック!知っておきたい法人化による相続税の節税について

                   souzoku-station
法人化による相続税の節税

個人事業を法人化することにより節税メリットが発生することは広く知られていますが、法人化により将来の相続税の節税にもつながる場合があることまではあまり知られていません。

もちろん全ての個人事業が法人化により相続税の節税につながるわけではありませんが、適切な方法で行えば、かなりの確率で相続税の節税を期待することができます。

ただし個人事業の法人化は、メリットばかりではなくデメリットもあるため、それらを踏まえた上で正しく判断しなければなりません。

今回は、法人化による相続税の節税について、基本的な事項からメリット・デメリット、さらに法人化する場合の注意点までを解説していきます。

続きを読む

代償分割って?遺産分割の方法と相続税の計算方法

                   souzoku-station
代償分割

遺産を相続人の間で円滑に分割する方法のひとつに、代償分割という方法があることをご存知でしょうか?

例えば遺産のほとんどが不動産で、相続人間で遺産をうまく分けることができないため、とりあえず不動産は相続人が共有する形で相続するといったケースはよくあります。

しかし、そういうケースでは、その後相続した不動産の利用方法について相続人間で意見が合わなくなって、トラブルになってしまうということも少なくありません。

このような面倒な事態を避ける一つの方法として「代償分割」というものがあります。

今回は、代償分割による遺産分割の方法とそのメリット・デメリット、実際に代償分割を行った際の相続税の計算方法について解説していきます。

続きを読む